私たちについて

  • TOP
  • 活動趣旨

Mission
活動趣旨

アートの力が医療と福祉の現場を変えていく

アーツ(美術・音楽・ダンスなど)の力を通し、
すべての人に日常では味わえない新たな感動を届け、
創造する喜びと生きる活力を得てもらうこと、つまり人と社会を元気づけ
「ALIVE 活き活きさせる!」ことを目的にしています。

管理され、価値観が画一的になりがちな社会において、
表現者個々の多様な世界観や価値観を含有するアートは、
時に私たちが考える常識、当たり前のことを覆し、新しい発見、気づき、驚き、喜び、自己肯定、
そして自己の成長をもたらします。

すべての人が、死を迎える瞬間まで尊厳を持って人間らしく生きていくために、
自分らしく生きていくためにアートは無くてはならないものと私たちは考えます。

しかし、日本においてアートはすべての人々の生活の一部になっているとは言えません。
特に介護を必要とする高齢者、難病で入退院を繰り返す子供と親、
虐待等の理由から施設で暮らす子供たち、生きる目的を失いがちな若年性の認知症など、
自力では日ごろアートに接する機会がほとんど無い人々に対して、現場のニーズを見極め、
それを考慮したサイトスペシフィックな特注のプログラムを企画、提供することで、
彼らの生活と人生に刺激、変化、そして何より喜びを創出します。

このようにアーツアライブは、
アートをもっとも必要としながら、自力で体験することが難しい福祉の現場に、
豊かな創造性と企画力を持つアーティストとそれらの活動を支援するサポーターをつなげ、
福祉の現場を変えることで社会全体の生活の質(QOL)を向上させることを目指しています。

----

Origin
アーツアライブの原点

イギリスでの出会い

1995年5月、国際会議に参加した際、英国の病院や施設を視察。
そこは地域の人々に開放されており、数々のワークショップやパフォーマンスが行われていた。沢山のアート作品にあふれ、まるで美術館のようだった。そして、あまりに異なる日本の医療福祉の現状、現場に衝撃を受けた。

その時に出会ったDr.パッチ・アダムスは「一人一人の患者に最大限の関心と思いやりを持って良き友となること」の大切さを教えてくれた。

帰国後の夏、富士市の特別養護老人ホームでプロジェクトを開始し、2009年一般社団法人化した。

Dr.パッチ・アダムス

Dr.パッチ・アダムス

医者、道化師。アメリカの医療を変革する社会活動家。笑い、喜び、創造性が治療の根本的な一部でなければならないと主張。

----

Pamphlet
パンフレットダウンロード

アーツアライブのパンフレットはこちらからご覧頂けます

ご自由にダウンロードしてご利用ください

  • 最上部へ