私たちについて

  • TOP
  • 代表ご挨拶

代表ご挨拶

創造的で多様なアートが全ての人々の生活の一部となるように、
アートを通して人生の最後の瞬間までその人らしく生きることができるように私たちは日々活動を続けています。

認知症の方や障害を持った子供達の出来ないことに注目するのでなくできることに注目し、
それを個性として引き出すことができるのがアートです。アート作品と出会い対話をすることで、誰もが視野を広げ、感動したり忘れていた感覚を呼び起こし、自分自身そして他者をより良く知ることができます。

アーツアライブの活動は、普段アートを享受する機会の少ない人々と
アート体験を共有することを喜びとして活動に参加してくれる
作家、支援者、ボランティア、協力施設など多くの方に支えられています。
この場を借りて、これまでのご支援に感謝申し上げるとともに、
これからも更なるご支援とご鞭撻をお願いする次第です。

アーツアライブ 代表理事  林容子

インタビュー動画

----

役員

代表理事 林 容子
理事 草刈 隆郎  (日本郵船株式会社 相談役、公益財団法人がん研究会がん研有明病院理事長)
矢崎 裕彦  (矢崎総業株式会社 代表取締役会長)
顧問 河野 元昭  (美術史家、東大名誉教授、静嘉堂文庫館長)
監事 園田 祐一  (日本海事センター 常任監事)
----

組織

設立: 2009年11月1日
所在地: 東京都渋谷区神宮前3ー15−19−101
Tel:03-6721-1673
Fax:03-6721-1675
URL:http://www.artsalivejp.org
----

プロフィール

国際基督教大学、デューク大学で美術史を学び、コロンビア大学にて アーツアドミニストレーション学修士取得。ニューヨークのアートコンサルティング会社やMOMAのアートアドバイザリーサービス部で企業コレクションの収集、制作企画及び企画展実施に関わる。

帰国後、(有)Art Woods設立。キューレーター、コーディネーター、またアートマネージメントアドバイザーとして多数の芸術文化関係の展覧会企画運営に関わる他講座、シンポジウムを実施。

また、1999年より美大生や若いアーティストとともに病院や老人介護施設でのアートプロジェクト(ArtsAlive)を企画、実施。

尚美学園大学・大学院芸術情報研究科准教授。武蔵野美術大学他非常勤講師。米国PUBLIC ART REVIEW誌アドバイザー。 川崎市民ミュージアム運営評価委員、川崎市文化芸術振興委員。2011年度安倍フェローとして、米国ケースウエスタンリザーブ大学医学部客員研究員として同大学教授ピーターホワイトハウス博士(老齢神経学者)とアートが脳の高齢化に与える影響について研究、豊かな高齢化社会のためにアートが何ができるか、について日々研究、実践中である。

アーツアライブ代表

林 容子

  • 最上部へ