アーツアライブの活動

  • TOP
  • アーツアライブの活動

アーツアライブの活動

アートリップ(対話型プログラム)

美術館、施設等で、有資格のアートコンダクターのファシリテーションのもと少人数のグループで一緒に絵画を見て対話するプログラム、ARTRIPを実施しています。NY近代美術館の全面的な協力のもとに2011年より実施しています。認知症の方がご家族と一緒に参加可能ですが、一般シニアはもちろん、誰でもご参加いただけるプログラムです。国立西洋美術館、港区オレンジカフェ他で定期開催しています。

アートリップ人材養成講座

上記対話型プログラムのプロのファシリテーターである「アートコンダクター」を養成する講座を実施しています。アートの対話を促すプロを育成するとともに、この分野でのファシリテーターを「アートコンダクター」と呼び、その日本での職業化を目指しています。

アート事業(制作ワークショップ、巡回企画展、壁画制作)

幼稚園、保育園から高齢者施設まで参加者の希望、生活スタイル、身体的条件等を考慮して、絵画、彫刻、ダンス等多様なジャンルの個別の参加型アートプログラムをご提案し、協議の上実施します。また、作家より借り受けた作品をテーマ展として提携施設に貸し出すサービスを行っています。作品が展示されると、建物の雰囲気は一変します。施設の建設時あるいは、修繕時にプロの作家による壁画をコミッションで製作します。

助言事業

美術館、博物館の運営、企業メセナ活動、認知症を含む高齢者のためのアート事業に関する助言を致します。また、企業、財団の芸術文化助成事業の事務局運営を受託いたします。2015年度よりテルモ株式会社、公益財団法人テルモ生命科学芸術財団の文化芸術助成の事務局運営を受託しています。

研究・講演会・出版

アートと高齢化、アートマネジメント、アートによる社会的課題の解決に関しての内外の最先端の研究調査実施、関連の講演会、シンポジウムへの登壇、セミナーの開催、関連書籍の出版を行っています。
例)「Meet Me: アートを認知症の人々へ」MoMA著編集 アーツアライブ邦訳出版

----
----

報告書

  • 最上部へ